補聴器 シーメンス社の補聴器を主に扱っています

補聴器には 3種類あります

 耳あな型には、小さく、目立たず、より自然な聞こえが得られるという特長があります。この特長を十分に生かすことができるよう、つける耳のカタチと聴力に合わせてつくられるのが、オーダーメイドによる「あなた専用」の補聴器です。

 耳にすっぽり収まるフルサイズ、小さくて目立たないカナルタイプ、超小型で外からほとんど見えないマイクロカナルタイプがあります。

 耳かけ型の補聴器は、耳の後ろにぴったりフィットするので、つけ心地が良く、簡単・手軽に装用できるという特徴があります。

 オープン型の補聴器は、頑丈で、使いやすく便利なデジタル式補聴器です。「会話の聞き取りを重視したい」「騒々しい環境で使用することになりそうだ」「聞き心地を重視したい」という聞こえの状態に合わせて選択ができます。


難聴かなと思ったら?

 難聴は徐々に進行するため、気がつかない場合がほとんどです。 難聴の可能性があるかどうかを判断するのに役立つ主な兆候は、以下のとおりです。

  • 人の話がもごもご聞こえることが増えた
  • 聞こえるが、理解するのが大変
  • 何度も聞き返すことが多い
  • 電話での会話は理解しづらい
  • 蛇口から水が垂れる音、時計のチクタクいう音など、家の中の音が聞こえない
  • 相手の顔を見ていないと、聞き取りづらい
  • 声が大きすぎると言われる
  • ラジオやテレビの音が大きすぎると言われる
  • 耳鳴りがする
  • 大勢での会話が理解しづらい
  • 3人以上の会話についていくのが大変
  • レストランやショッピングモールなど、人混みの中では一生懸命聞かないと聞き取れない
  • 女性や子どもの声を聞き取るのが大変

いずれししても、先ずは耳鼻科専門医に詳しく診てもらうのが、最も確実な近道です。

 

障害者自立支援法対応の補聴器には、補助金支給制度があります

 障害者自立支援法による障害者手帳の保持者には、難聴の程度に応じて補助金の支給を受けられます。補聴器購入の補助制度は、居住する市町村により異なりますので、是非、ご相談ください。

 

一度フィッティングしてしまえば、以後はフィッティングが不要なのか?

 フィッティングとは、一人ひとりの聞こえの状態に合わせて補聴器の音質や出力を調整し、最も聞こえの良い補聴器に仕上げていく作業のことです。

 聞こえの状態は、時間とともに変化することもあります。また、お店の中と実際に使う環境が、違うこともありますので、再調整が必要な場合も、少なくありません。定期的にフィッティングしてもらうことが大切です。

営業時間

 9:30-18:30

(定休日:水曜日)

 

取扱商品

  • メガネ
  • 補聴器
  • コンタクトレンズ
  • 時計・電池

クレジットカード利用

 各社取扱


 

 

 

ご予約

 ご予約の際はお電話下さい

 TEL: 0467-98-0662