視力測定の流れ

 当店の視力検査は、以下のような手順で進めます。あくまでも、標準的な流れです。約15分~30分位かかります。目の状態によっては、短くなったり、長くなったりします。なるべく、ご予約をお願いします。

1.機械による検査

 角膜の曲率と眼全体の屈折状態を自動的に測定します。あくまでも目安であり、最終的な結果ではありません。

 というのは、眼は絶えず緊張と弛緩を繰り返しているのにも拘らず、ほんの一瞬をだけを測定することになるからです。

 

2.単眼遮蔽屈折検査

 片目を遮蔽した状態で、最高視力とその屈折度数を測定します。但し、測定結果は眼の本来の(リラックスしている状態の)屈折度数とは変わってしまうことがあります。というのは、片目を塞いだ状態にしておくと、本来の状態に戻そうとする調節力が働くからです。

3.両眼視機能検査

 私たちの目は二つあるにもかかわらず,見るものは一つの像として見えています。これは,大脳の中で右目と左目に映った像を重ね合わせて一つの像にする働きをしているからです。この働きにより,片目で見たときには感じられない遠近感や立体感が生まれてきます。

 両眼視機能検査では、同時視の有無、融像検査、眼位(斜位・斜視)検査、立体視検査、不等像の測定等をします。

 

4.両眼開放屈折検査

 私たちが眼鏡を使用するときは、両眼を開けた状態でものを見ます。従って、眼鏡の度数を測るときも、両眼を開放したままで、左右の眼を測定します。

5.近方視力(老眼)検査

 近用、遠近両用、又はパソコンで仕事をする場合に、目的に会った快適な近用度数を求めます。

6.眼鏡を付けての検査

 良く見える眼鏡が快適な眼鏡とは限りません。今までの検査結果を踏まえて、実際に見え具合や違和感などを確認しながら、お客様と相談しながら、眼鏡の度数を決めていきます。

営業時間

 9:30-18:30

(定休日:水曜日)

 

取扱商品

  • メガネ
  • 補聴器
  • コンタクトレンズ
  • 時計・電池

クレジットカード利用

 各社取扱


 

 

 

ご予約

 ご予約の際はお電話下さい

 TEL: 0467-98-0662